スポンサーリンク

婚活で年収の高い男性に選ばれる女になる方法

婚活女性が結婚相手に求める条件のひとつで外せないのがお相手の収入です。

できるだけ高収入の男性と結婚したいと思っている人は多いはず。

そこで年収の高い男性に選ばれるために、年収の高い男性はどのような女性を好むのか、またどこに行ったら出会えるのかなどを紹介していきます。

婚活中の男性のリアルな年収は?年齢別にみる

「2017年25歳から34歳の結婚と男女交際に関する意識調査(明治安田生活福祉研究所調)」(PDF/872kb)

2017年 25~34歳の結婚と男女交際(男女交際・結婚に関する意識調査より) | 調査研究・レポート | 明治安田生活福祉研究所

では、25歳から34歳の未婚女性が結婚相手に求める年収で最も多いのが、400万円以上500万円でした。

また半数以上の未婚女性が男性に400万円以上の年収を希望しています。

では実際に婚活市場における年収400万円以上の男性、そして憧れの1,000万円プレイヤーの高収入男性はどれくらいいるのでしょうか。

 

年代別男性のリアルな年収

平成28年度の総務省の調査によると、全国の年代別男性の平均年収は以下のようになっています。

20代男性の全国平均年収

20歳~24歳で275万円

25歳~29歳で383万円

30代男性の全国平均年収

30歳~34歳で457万円

35歳~39歳で512万円

40代男性の平均年収

40歳~44歳で563万円

45歳~49歳で633万円

全国平均は上記のようになっていますが、別の調査では、全国で一番平均年収が高いのは東京都の男性でした。

20代男性の平均年収は399万円、30代男性の平均年収は597万円となっています。

この数字は短時間労働者を含まない数字なので高くなるのは当然ですが、それでも都市部では大企業や人口が多いこともあってか平均年収が高い傾向にあります。

 

年収1,000万円超えの男性は未婚男性の1%しかいないレアキャラだった

「2016年20代~40代の恋愛と結婚の意識調査(明治安田生活福祉研究所)」によると、20代の未婚男性で年収400万円以上の割合は15.2%、30代の未婚男性で37%となっています。

概算になりますが、婚活市場の中心である20代30代の未婚男性で年収400万円以上の男性が占める割合は26%ほど、年収1,000万円以上の未婚男性は1%ほどしかいません。

婚活女性の大半が希望する年収400万円以上の男性は、婚活市場の男性全体の半数以下という厳しい数字が出ています。

高収入の未婚男性というのは、婚活市場で非常に希少な存在です。

高収入であればあるほど女性たちによる激しい獲得合戦が繰り広げられることは間違いありません。

 

選ばれる女になる!希少な高収入男性の愛を勝ち取る方法

婚活市場で年収1,000万円以上という高収入な独身男性と出会い、結婚までたどり着くのは宝くじに当たるようなわずかな確率です。

それでも高収入の男性との結婚は諦めたくない、女性の憧れです。

希少な高収入男性から好かれるために、お相手が結婚相手に求めていることを心得ておきましょう。

 

高年収男性が婚活相手に求めるリアルな条件

「結婚と婚活に関するアンケート2018(結婚相談所のサンマリエ調べ)」によると、男性は結婚相手の女性の年収は「こだわらない」と半数近くの人が回答しています。

では男性は女性に何を求めるのでしょうか。

特に高収入男性は、経済的な安定からか自信もあり、もちろん能力も優れているため女性にモテるのは間違いありません。

そんな男性が結婚相手に求めるリアルな条件は以下のようなものでした。

男性は全般的に家庭的な女性を支持しますが、特に高収入の男性は仕事で忙殺されていることから、家庭に安らぎを求める傾向が強くあります。

そのため掃除・洗濯・炊事を全くしない女性との結婚はメリットを感じないのかもしれません。

女性からすると家庭的な女性は古風だと感じるかもしれませんが、高収入の男性の多くは、全面的に自分を支えてくれる、自分の夢を応援してくれる女性を望むようです。

 

教養やキャリアがあること

高収入の男性の多くは、今の収入を得るようになるまで努力や苦労をしてきた人たちです。

そのため女性にもある程度の教養やキャリアを求める人が多いようです。

高収入の男性にふさわしい知性を備え、同じ価値観で物を見ることができ、人前に出しても恥ずかしくない妻、ということでしょう。

そのため知的で清楚な雰囲気の女性を好む人が多いです。

自立した女性であること

高収入の男性は、仕事が忙しく家庭やあなたのために割ける時間が多くありません。

そのため「仕事と家庭どっちが大事なの!」と怒ってしまうような女性との結婚は現実的ではありません。

仕事や趣味などやるべきことがあって、経済的にも精神的にも自立した女性が望まれます。

高収入の男性は、常に成長しようと学ぶ姿勢を持つ人が多いので、女性も同じように向上心がある人を好みます。

収入や肩書に関係なく男性を愛している

高収入の男性が考える一番重要なことは、この「収入や肩書に関係なく自分を愛してくれる」ということでした。

一生をともにする伴侶ですので、当然のことですね。

高収入の男性が実際に妻とした女性の特徴として、「見た目」を重要視する人は少なく、とびきりの美人でないと、ということはありません。

しかし高収入の男性が選んだ女性は、男性に見合うだけの女性でいられるようたゆまぬ努力を続けられる人です。

仕事で重責を担っている男性を支え、ともに戦っていく覚悟がある女性、といってもよいかもしれません。

 

年収以外で譲れない条件は?自分が思い描く結婚生活を思い浮かべてみよう

結婚相手の年収が気になる人は、その年収でどのような暮らしができるのかイメージできていますか?

あなたの理想の生活は年収いくらくらいでかなうのでしょうか。

世帯年収500万円台というのが全国平均ですので、年収600万円以上の20代30代男性は高収入男性といえそうです。

世帯年収600万円から見ていきましょう。

 

年収600万円の場合

男性が年収600万円台の場合、一部上場企業や公務員など、安定した職業に就いている人が多いです。

世帯年収600万円という数字は、子育て世帯では目標にしたいラインです。

マイホームや車の購入や、子どもの養育費、保険など結婚生活にかかる支出は将来的に多くなっていきます。

子ども2人を大学まで進学させることを想定すると、年収600万円で家計をうまくやりくりしてギリギリクリアできるといった数字です。

男性の収入が年収600万円台の世帯の場合、大半は女性が家計を助けるため仕事をする共働き世帯が多いのが現実です。

年収800万円の場合

男性の年収が800万円台の場合は、大手一部上場企業のそれなりの役職や専門職に就いている人をイメージすると良いでしょう。

20代30代ではわずか2、3%しか存在しない希少な存在です。

男性は仕事が忙しく、出張や残業で毎日の帰宅は遅く、休日出勤も頻繁でプライベートな時間は少ない人が多いでしょう。

そのため結婚生活で男性が家庭で過ごす時間は想像よりずっと少ないかもしれません。

そのため子育てや家庭のことで男性に頼ることは困難で、女性が家庭をきちんと管理できなくてはいけません。

800万円あれば十分のように思う方もいるかもしれませんが、子育て世帯の場合は教育費や貯蓄のために、女性は時短勤務などで働きに出るケースが多いようです。

年収1.000万円の場合

男性の年収が1,000万円台の場合、外資系企業やマスコミ、広告代理店、医師や弁護士、会社経営者などが多いです。

特に20代30代の若さで年収1,000万円稼ぐ男性は、華やかな業界で活躍する人たち、とにかく多忙でストレスは甚大です。

男性の収入だけで豊かな生活が望めますが、男性は家庭に割く時間が極端に少なく、女性にはひとりで家庭を任せられる能力が求められます。

高収入の男性は仕事が忙しくプレッシャーやストレスが大きいのが一般的です。

平日は夕食を一緒にとることはまず難しいでしょうし、旅行もなかなか行けないかもしれません。家庭内で男性はピリピリしているかもしれません。

さらに会社経営者などは、景気の良し悪しに左右されたり、会社が倒産し一気に負債をかぶるようなリスクもはらんでいます。

結婚に男性の経済力による生活の安定を求める女性は少なくありません。

しかし年収に限った話ではありませんが、婚活をする上で結婚相手の男性へ求める条件を、自分の理想の結婚生活と照らしてみて、何が重要なのか、何なら譲れるのか、妥協点を決めておくことはとても重要です。

 

年収1,000万円超えの婚活中男性はどこに潜んでいるの?高収入男性と出会える場所

婚活市場で希少な高収入男性との出会いはどこに潜んでいるのでしょうか。

効率よく出会いをかなえる方法を紹介します。

 

先輩シンデレラ達が王子様に出会った場所はどこ?

高収入の男性と出会うためには、高収入男性の生活圏に行くべきです。

大企業が多い都心のオフィス街は、高収入の男性がたくさんいるエリアです。

東京でいえば、丸の内や大手町などは、一部上場企業や、金融系企業、外資系企業が集中するエリア。

そこへ勤務する独身男性たちは、必然とその周辺のお店や施設を利用することが多いので、出会いの可能性が潜んでいます。

また高収入の独身男性が住む街も押さえておきましょう。

高収入の独身男性の多くは職場に近い都心に住みますので、プライベートも都心で過ごすことが多いでしょう。

銀座や麻布、六本木など港区周辺ではリッチな独身男性が多いようです。

独身者は外食が多いため、飲食店での出会いが結構狙い目なんだそう。

他にも、スポーツジムやゴルフスクールなど趣味の場での出会いも期待できます。

スポーツジムではセレブに人気の【PBL】やテレビで話題の【RIZAP】など、

ゴルフスクールでは初心者も通いやすい少人数制【ゴルフステーション新宿】、全米No.1の人気を誇る【ゴルフテック】がおすすめです。

高収入な男性を狙うなら、都心の立地だったり、入会料が高いリッチな人が利用するところをセレクトすると良いようです。

趣味の場でなら一気に打ち解けて意気投合、ということが多いそうです。

いずれにしても、高収入の人たちが集まる場所にアグレッシブに足を運ぶことが重要といえそうです。

 

出会いのチャンスを増やすおすすめの婚活サイト 

婚活市場で高収入の独身男性は非常に少ないため、まずは宝くじに当たるほどわずかな確立の出会いをかなえないといけません。

そこで、出会いを効率的に実現させるためには、高収入男性が集まっている場に参加するのが最速で最善です。

ハイクラスの男性だけが参加する婚活パーティーや、ハイクラスの男性しか登録できない婚活サイトや結婚相談所を利用するのは、婚活する上で一番賢い選択といえそうです。

街コンや婚活パーティーでおすすめなのは、ルーターズPARTY☆PARTYです。

年収の高い男性しか参加できない「ハイステータス限定」の婚活パーティーが頻繁に開催されています。

 

そして、結婚相談所のクラブオーツー有名大学出身者専門フェリーチェ医師や歯科医師などの医療関係者専門としているため、登録している男性は高収入の人ばかり。

結婚相談所は敷居が高いと感じる人がいるかもしれませんが、専門スタッフのきめ細やかなサポート体制で成婚率がとても高いことが特徴です。

本気で高収入の男性と結婚したいのなら、資料請求、無料でのカウンセリング体験からお試ししてみることをおすすめします。

 

高収入にこだわっているわけではないけど、なかなかお相手に年収を聞くことができない、事前に知った上でお付き合いを始めたい、相手が本当の収入を教えてくれているのか不安だ、などという方にも婚活サイトや結婚相談所がおすすめです。

信頼できる婚活サイトや結婚相談所では、登録時に職業と収入証明の確認をきちんと行っているので安心です。

ブライダルネット楽天オーネットは、婚活サイトの中でも特に会員数が多く、幅広い出会いの可能性が期待できます。

また丁寧な対応は利用者から高評価です。

結婚を考えた時、結婚相手の年収はとても重要な要素ですが、夫婦として一生をともにする上で大事なのはお相手の経済力だけではありません。

あなたの理想の結婚生活と結婚相手について、妥協できることと譲れないことをきちんと整理・把握しておくと、素敵な出会いを見逃すことなく婚活がスムーズに進むことでしょう。