スポンサーリンク

婚活の服装それで大丈夫?服装で自分をより魅力的に演出しよう

婚活では、張り切り過ぎたファッションで浮いてしまったり、男性に引かれてしまうなんて事態は避けたいもの。
失敗しない婚活ファッション、成功への近道になる婚活ファッションについて紹介します。
婚活にふさわしい、男性から好まれる服装や色のポイントを押さえて、好印象で男性との出会いをスタートさせましょう。

婚活での第一印象は3秒で決まる?!男性に好かれる服装とは

初対面の相手の第一印象は、わずか3秒で決まるといわれています。
服装や容姿などの見た目で、一瞬であなたの印象の良し悪しが決まってしまうということです。
特に婚活パーティーなどでは、第一印象で「素敵な女性だな」と好印象を持たれることが成功へのカギとなります。
パッと見の一瞬で損をしないように、より良い第一印象を与える男性の好む服装や色を紹介します。

 

おしゃれよりきちんと感!~婚活パーティー編~


男性は結婚相手を探しにきていますので、あなたから安心して心を開ける優しい雰囲気を感じ取ってもらうことが成功の秘訣です。
そのため婚活での服装は、華やかなおしゃれ感よりも「女性らしさ」「きちんと感」「安心感」がポイントです。
きちんとした女性であること、優しい女性であること、一緒にいると落ち着く女性であることを感じ取ってもらえるようなファッションがおすすめです。
そのため婚活パーティーでは、華美になり過ぎないオフィス着くらい落ち着きあるコーディネートをイメージすると良いでしょう。

多くの男性から支持されるのが、女子アナ風のファッションです。
程よくきちんと感をだしつつ、女性らしい清楚な雰囲気、顔色が明るく見える優しい色合いの服装を男性は好みます。
柔らかなシフォン素材のブラウスに、ひざ丈のフレアスカートのコーディネートは、婚活パーティーの王道スタイルです。
アンサンブルニットワンピーススタイルも、女性らしくかつ程よくきれいめのコーディネートを作ってくれるおすすめアイテムです。
特に、お相手との距離が近い1対1でじっくり話をするような個室パーティーなどでは、柔らかな素材やふんわりしたスカートなどの女性らしい質感で、優しい雰囲気を演出するのがおすすめです。

 

また、アウトドア婚活パーティーなどアクティブに動くイベントの場合は、それに適したカジュアルコーディネートで。
シャツワンピやショートパンツなど、カジュアルだけどさりげなく女性らしさを感じるようなファッションがおすすめです。

 

品良く清楚に!~お見合い編~


お見合いでも婚活パーティーと同様に女性らしい清楚なコーディネートが好印象のコツです。
お見合いに適した服装は、婚活パーティーよりは少しフォーマル寄り
結婚式の二次会程度の装いが適しています。

お見合いの席では、パンツスタイルよりもスカートやワンピーススタイルの方が女性的で好印象です。
特におすすめなのはワンピーススタイル
ワンピースは男性が女性らしさを感じる無敵アイテムです。
デザインや素材は、「品良く清楚に」を意識して、首まわりが広く開き過ぎていたり、肌の露出が多すぎないことや、体のラインを拾い過ぎないデザイン、素材であることに注意しましょう。

肩を出すデザインはお見合いの席では好ましくありません
ジャケットやカーディガンを羽織るなどしてコーディネートしましょう。
さらにお見合いの席が設けられる場に見合ったファッションを心がけることが大切です。
高級なホテルや料亭など格式ある場所では、ジャケットを羽織るときちんとした印象で良いでしょう。

これじゃモテない?婚活ファッションNG編

ハイブランドで固めたファッション

パッと見てわかるようなブランドロゴの入ったファッションは男性から良い印象を持たれません。

服以外にも、バッグや靴などもご注意ください。

婚活の場でのブランド披露は控えめに、目立たないように組み合わせてコーディネートしましょう。

ゆるゆる、ダボダボのファッション

妊婦に見えそうな全体的にダボッとしたワンピースや、ゆるゆるのトップスにロングスカートやワンドパンツを合わせたようなメリハリのないファッションは男性から不評です。

だらしなく見えてしまい、第一印象も良くありません。

体型を隠したいという方でも、婚活の場ではひざ下の脚は出したり、ウエストマークするようなデザインなどを工夫して取り入れ、出来るだけ体型を隠しながらも清潔感のある印象のファッションで臨みましょう。

生足ミニスカート

ひざ上10cm以上のミニスカートは、婚活の場では「きちんと感」が足りません。

またアラサー以降の女性は、スカート丈はひざが隠れる丈が良いでしょう。

落ち着いた女性らしい印象を持たれます。

もちろんきちんとした場で生足はNGです。必ずストッキングを着用してください。

どうしてもミニ丈を履きたいという方は、ショートパンツの方が清潔感があってアクティブな印象で良いでしょう。

セクシーなファッション

女性らしさを意識しすぎて、セクシーなファッションになってしまわないように注意しましょう。

胸元が広く開いた服や、ボディラインにくっきり沿ったシルエットなどは、婚活の場では下品だと思われてしまったり、男性から敬遠されてしまう恐れがあります。

 

たとえあなたが、男性が好むような清楚なファッションが好きでなくても、婚活で重要な第一印象を悪くするのは得策ではありません。

「自分とは合わなそうだな」という悪い印象が一度ついてしまうと、限られた時間内で払拭するのは至難の業です。

就職活動のリクルートスーツのようなものだと考えて、あなたの人柄を知ってもらうための手段として、まずは第一印象で好印象を持ってもらえる婚活用ファッションを活用しましょう。

 

婚活で好印象を与える服装の色合いは?

第一印象の良し悪しを決める見た目(容姿や服装)で、一瞬で目に飛び込んでくる色はとても重要な要素です。

色には人の心理に影響を与える効果があります。

婚活では、好印象を服装の色でも演出することがポイントです。

 

婚活で避けたいNGカラー

婚活での第一印象が悪くなりがちな、絶対に避けたいコーディネートが以下になります。

 

暗いカラーのみのコーディネート

濃いカラー、ビビッドなカラーをメインに使ったコーディネート

 

上記のコーディネートは、第一印象が良くありません。

暗いカラーは顔色が映えず明るい人柄が伺えません。

また黒い色が多くを占める服装は固い印象になりがちだったり、全身黒のコーディネートは男性から嫌がられる傾向にあります。

赤や紫などの濃い原色や蛍光色などのビビッドな色なども印象が強すぎるため、そういった主張の強い色をメインにしたコーディネートは、「気が強そうな女性」「個性が強すぎる女性」という印象を持たれ男性から敬遠されがちです。

 

男性が好む「親しみやすい優しい女性像」を演出するためには、主張の強い色は小物やアクセサリーなどで差し色に使うのに留め、メインカラーでは色味を抑えましょう。

 

20代女子にはパステル系がおすすめ

ピンクや水色、淡い黄色などのパステルカラーは、顔色を明るく見せてくれ、優しい女性らしい印象を持たれます。

特に会話中に男性の視界に入るトップスに柔らかなパステルカラーを持ってくると、お相手の緊張が和いで安心感を与える効果があり、和やかに話しやすい雰囲気を作ってくれます。

またパステルカラーを身にまとった女性は、雰囲気だけでなく仕草も柔らかくなって女性らしさが増すのだとか。

 

女性らしさを演出するのに最も適した色は淡いピンク色です。

またさわやかな印象の水色も男性から支持されています。

色だけでなく、ふんわりと柔らかいシフォン生地や、華やかな光沢のサテン生地など、洋服の素材にも女性らしさを意識してみると良いでしょう。

 

30代女子には大人っぽいネイビーやワインレッドなどもおすすめ

婚活に励む30代女子におすすめなのが、ネイビーやワインレッドなどを大人っぽく使ったコーディネートです。

30代女子が20代と同じ服装でいると、若作りをしているように見えてしまうという男性からの意見が多いため、かわいらし過ぎるデザインは避けた方が良さそうです。

20代の頃のふんわりかわいらしい印象のファッションを脱却して、しっとりと落ち着いた大人の女性を演出するファッションがおすすめです。

ただし仕事帰りのようなビジネス仕様の服装では味気がありません。

キラリと光るビジューや上品なパールのアクセサリーなどで、程よくドレスアップした大人のフェミニンさを意識しましょう。

 

清潔感の“白”を効果的に取り入れよう

白は清純さや清潔感、若さを感じる色で、男女ともに好印象を持たれる色の代表格です。

ただし全身白のかっちりとしたコーディネートは完璧すぎる印象を持たれ、男性に付け入る隙を与えません。

パリッと決まった白シャツより、胸元にレースやフリルがあしらわれたようなフェミニンなブラウスだったり、ふんわりとしたスカートなどで取り入れるのがおすすめです。

特にトップスに白を持ってくると、光を反射するレフ効果で顔を明るく見せてくれ、表情を明るくいきいきと見せてくれます。

白を上手に使って、清潔感のある全体的に優しい雰囲気のコーディネートを目指しましょう。

 

婚活は服装だけじゃない!より魅力をアピールするために

男性に見られているのは服装だけではありません。男性が女性の魅力を感じるポイントを押さえて、よりあなたの魅力をアップさせましょう。

次に挙げる3つのポイントは、服装ばかり気にしているとついうっかり忘れてしまいがちですのでご注意ください。

 

男性ウケの良い髪、髪型

「髪は女の命」といわれますが、男性は意外と女性の髪をチェックしているものです。

ヘアスタイルは、その人自身に似合っているかどうかはもちろんですが、一番重要なのは清潔感があるか。

髪の毛が痛んでいないか、キレイに手入れがされているかを男性は見ています。

服装もヘアセットもバッチリなのに、髪の毛が痛んでパサパサだったり、根元がプリン状態のカラーリングした髪は、男性に不潔な印象やだらしない印象を与えてしまいます。

婚活には、髪の手入れも忘れずに臨みましょう。カラーもトリートメントも万全の状態の艶髪はあなたの魅力をアップします。

そしてきついパーマや個性的すぎるヘアスタイル、ヘアカラーは男性から好まれません。

またピシっと一括りにしたヘアスタイルはキツイ印象を持たれることがありますので、婚活ではハーフアップやダウンスタイルなどで、顔周りにふんわり髪の毛があると柔らかな印象になっておすすめです。

 

男性ウケの良いバッグ・アクセサリー

男性は華奢で小ぶりな、女性らしいアイテムを好みます。

バッグやアクセサリーは、婚活の場においては華美なものは避けた方が良いでしょう。

ハイブランドのものや、見るからに高価そうなバッグやアクセサリーは、男性から「お金がかかりそうな女性」と見られてしまう恐れがあります。

大荷物を抱えて婚活パーティーへ参加したり、リュックもNGです。

 

またふわふわするものや揺れるものは、男性の狩猟本能をくすぐるんだとか。

小ぶりな揺れるピアスやイヤリング、冬はファー素材などを取り入れて、男性が無意識に気になる仕掛けを試してみるのもよさそうですね。

 

男性受けの良い足元・靴

婚活ファッションで意外と見られているのが足元です。

スニーカーはカジュアル過ぎるので、アウトドアイベント以外は好ましくありません。

かかとが出るミュールやサンダルも、婚活パーティーやお見合いなどきちんとした場では避けるべきアイテムです。

 

男性受けの良い女性らしさをファッションで演出するなら、やはりヒールのあるパンプス靴がベストです。

普段ヒールを履きなれていないという方でも、ぺたんこ靴では女性らしさが半減してしまいます。3cm~5cmほどの太いヒールで良いのでトライしてみてください。

足を美しく見せたい場合は7cmヒールがおすすめです。

またヒールが欠けていたり、靴が汚れていては印象を悪くします。

きちんと手入れをしたヒールパンプスを、猫背やがに股になることなく履きこなしましょう。

 

靴も洋服と同様に、黒やダークブラウンなどの暗い色や濃い色は避けた方が良いでしょう。

ベージュ系のヌードカラーや淡い色のパンプスはストッキングとの相性も良くおすすめです。

清楚な印象で、全身のコーディネートを明るく見せてくれます。

 

婚活ファッションで自信を持って本気の婚活

婚活パーティーなどで出会いを掴む女性の特徴は、第一印象が良いことです。前述した好印象を与える婚活ファッションのポイントを押さえて、自信を持って婚活パーティーへ参加しましょう。

 

しかし、これまで婚活パーティーへ何度も参加しているけどうまくいかなかったという方や、短期決戦で婚活に挑みたいという方、これから婚活を始めるけど不安で仕方ないという方には、豊富な知識と経験を持つ専任コンシェルジュが、成婚まで手厚くサポートしてくれる婚活サービスがおすすめです。

 

まずは成婚率ナンバーワンパートナーエージェントのEQ診断テストを体験してみてはいかがでしょうか。

婚活におけるあなたのプロフィールやお相手の条件、これまでの活動を数値化して、婚活のプロから的確なアドバイスがもらえます。

ひとりで婚活パーティーを探して参加するよりも、プロのサポートやアドバイスがあると心強いうえ効果も大きいです。

 

また、エン婚活は、結婚相談所の中でも圧倒的に価格設定が低いため、結婚相談所の高額な料金設定が気になっている方には良いかもしれません。

他の結婚相談所と比較して、1/10の入会時費用、半額以下の年間費用で利用することができるだけでなく、毎月6名以上の紹介が約束されている点もポイントです。

 

ハイクラスな男性との出会いを求める方には、会員層が限定されている結婚相談所がおすすめです。

たとえば、有名大学出身者との出会いならクラブオーツー医師や歯科医などの医療関係者との婚活ならフェリーチェというような結婚相談所があります。

どちらもきめ細やかなサポート体制で成婚率が高く、評判の良い婚活サービスです。

それぞれ無料でのカウンセリングや資料送付がありますので、それから入会を検討してみても良いかもしれません。

あなたに合った婚活サービスを賢く利用して、素敵な出会いを掴みましょう。